QLOOKアクセス解析

Garnet Clover~ガーネット・クローバー~

黒猫を絶賛応援中( ゚∀゚)o彡゜深夜アニメを中心に感想をまったりと書き綴っていきます♪

にほんブログ村 アニメブログ 萌えアニメ(ノンアダルト)へ

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第14話 「衛士の一分」 感想

1_20121001083700.jpg

ジャール大隊キターーーヽ(*´∀`)ノ

ユウヤ、命拾いしましたね。

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

スポンサーサイト
web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:5 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第13話 「選択の対価」 感想

1_20120924094541.jpg

矜持

そういえば1と2クールの間の総集編入れるのかな?って思った・・・入れないのかな?
もしかして来週・・・・

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:8 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第12話 「死闘の果て」 感想

1_20120918104051.jpg

白々しい(^^;

これだから上層部って奴らは(ぁ)
にしても伍長が男みせてますね♪
死亡フラグ立ってる気がするけど(^^;

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:7 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第11話 「BETA進撃」 感想

1_20120910084614.jpg

BETAの地中進行

上層部のやりとりがきな臭い感じですね(^^;
ってか主にソ連・・・・・・
ワザとBETAの地中進行を見逃し、各国の勢力をそぎ落とすのが目的なのか?

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:5 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第10話 「予兆」 感想

1_20120904103459.jpg

英雄という言葉

無事に帰還したユウヤたち。
それを基地の面々は英雄と讃え出迎えます。
でも、ユウヤ自信は納得しておらず。
ユウヤを呼びに来た唯衣姫に今度はレールガン無しでやらしてくれと。
こいつを日本の戦術機として完成させるには自分自身が変わる必要があるから。
最初の頃と比べると随分と変わりましたけどね♪

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:5 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第9話 「落涙」 感想

1_20120827102609.jpg

不和

いつも危険な前線部隊と比較的安全な開発部隊との不和が明確になってますね。
戦時中にそれだと凄く危険な感じするんですけど(^^;

忙しかったので2話分お休みしました。
さーせんです(^^;
まぁ、BETA戦が無かったってのも(ぇ)
そういえばこの時は2001年8月8日なんですね。
つまりその約2ヶ月後に武が・・・・・

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:7 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第6話 「群青」 感想

1_20120806111828.jpg

不審者(笑)

お仕置きされたかw

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:7 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第5話 「正しき資質」 感想

1_20120730101753.jpg

「この軌道制御のズレ!TYPE97よりもピーキーじゃねぇか!!」

なんでもそれ言えば良いってもんじゃねぇぞw

ピーキー過ぎて今のお前じゃ完全に乗りこなすことは無理だよ(´・ω・`)(ぉ)

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:13 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第4話 「朧月の群れ」 感想

1_20120725095654.jpg

蟠り

いろいろ複雑なんです(´・ω・`)(ぉ)

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:2 | trackbacks:5 | TOP↑

Muv-Luv Alternative TE(トータル・イクリプス) 第3話 「錚々たるユーコン」 感想

1_20120717112118.jpg

邂逅

この基地からやっと物語のスタートラインに立ちましたね。

―あらすじ―
1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。

1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。
訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。
唯依達は教練も半ば、実戦に駆り出されることとなった…。

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦、人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、
このときのふたりはまだ知らずに――。


【関連サイト】
http://muv-luv-te-anime.com/
http://www.age-soft.co.jp/

≫ Read More

web拍手

| トータル・イクリプス | comments:0 | trackbacks:8 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツレンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。